大量の氷球が波間に揺れる、アメリカ、スペリオル湖の不思議な光景
アメリカ、オンタリオ州にある世界最大の面積を持つ淡水湖、スペリオル湖で目撃された自然現象。

撮影されたのはスペリオル湖の南にある街、ミューニシングから北東へ抜ける道、サンドポイントに面した場所。

氷球は直径30センチから、大きいものだと60センチほどの大きさがあったそう。不思議。

【関連】
ミシガン湖にゴロゴロ押し寄せる、大きなボール状の氷が凄い
湖畔の家に大量の氷がジワジワ押し寄せてくる自然現象
透明すぎて底まで丸見え!スロバキア、タトラ山脈近くの凍りついた湖の上を歩いてみた
凍った湖の恐怖。氷面から凍える水へ転落した男の救助で、ミイラ取りが次々ミイラに


1/11/16 - Lake Superior Ice Balls - Sand Point - Munising, MI

















タグ
大量の氷球が波間に揺れる、アメリカ、スペリオル湖の不思議な光景