パリは実在しなかったのか?エッフェル塔もルーブル美術館も、全てハリボテにしてしまった不思議映像
シャンゼリゼ通りに並ぶ建物はもちろん、エトワール凱旋門もノートルダム大聖堂も、ルーブル美術館もエッフェル塔も全てハリボテ。

立派なのは前面だけで、背後は鉄骨が支えているのみ。

もしかしたらパリは実在せず、映画のセットとして作られたものなのでは?と思ってしまう、不思議な合成映像。

実際に行ったことがない限り、その場所が存在するかどうかなんて分からないもの。

【関連】
人も建物もみんな小さい。フランス、パリの街並みを撮影した逆ティルト微速度撮影映像
現実には存在しない、映画にでてくる「架空の物質」トップ10
さすがにそれはありえない、架空の絶叫マシンを作る研究所のドキュメンタリー風映像
ディズニープリンセスやプリンスが実在したらこんな感じ!リアルに描かれたイラスト23枚


Apparences (4K)
































タグ
パリは実在しなかったのか?エッフェル塔もルーブル美術館も、全てハリボテにしてしまった不思議映像