精巧ゆえに恐ろしくもある、アニマトロニクスの生首
エドガー・ライト監督・脚本の映画「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」の作中で使用するために作られた、人間の頭部を精巧に模したアニマトロニクスのテスト映像。

俳優のグレッグ・タウンリーをモデルにしたもので、皮膚や毛髪が精巧なのも相まって、本物の生首みたいで恐ろしい。

動かす箇所が少なくても、本物みたいにできるもんだね。

【関連】
ダミアン・ウォルターズに師事する13歳の少年、グレッグ・タウンリーによるアクロバット映像
リアルな恐竜のアニマトロニクスと触れ合えるアトラクション Walking with Dinosaurs
本物そっくりに動く、喋る、アニマトロニクスのカンガルー Ruminator
人間に不可能な演技を可能にする、現代のアニマトロニクス技術を紹介した映像

Animatronic Head (Greg Townley) - The World's End






























タグ
精巧ゆえに恐ろしくもある、アニマトロニクスの生首