カプセル型のセンサーを飲み込むことで心拍と脈拍をモニターする、MITで開発中の新しい測定法
指にセンサーを挟んだり、手首にセンサーを巻いたりする従来の方法とは異なり、カプセル型のセンサーを飲み込むことによって体内から心拍と脈拍をモニターする、MITで開発中のバイタル監視システム。

聴診器の最も進化した形のひとつで、カプセル型センサーは3メートル以内の受信機にデータを送信。

異物を飲み込むことに抵抗があったり、1日2日で排出されてしまうのが難点になるけど、データの送信範囲が広がればそれだけ可能性も増えていく気がするね。

【関連】
大量出血をわずか数秒で止血!17歳の高校生が発明した魔法のようなジェル「VetiGel」が凄い
内臓丸ごと泡で覆って止血。DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)による緊急時の止血法が凄いけど怖い
エイズの特効薬がついに発見か!ハチの毒がHIVを殺すことをワシントン大学の研究員が発見
火傷が数日で跡形もなく完治。患者自身の幹細胞を「スキン・ガン」で吹きつける新時代の治療法


Ingestible sensor can measure heart and breathing rates























タグ
カプセル型のセンサーを飲み込むことで心拍と脈拍をモニターする、MITで開発中の新しい測定法