完成度高すぎる!未来トランクスのセルとの戦いを描いたドラゴンボールZのショートフィルム The Fall of Men
「ドラゴンボール」で未来からやってきた青年トランクスが、タイムマシンに乗り込む前のストーリーを実写で描いたショートフィルム。

ドクター・ゲロが開発した人造人間たちによって人類がほぼ滅亡してしまった未来世界で、孤独な戦いを続けるトランクス。

精神と時の部屋で修行し、タイムマシンを完成させようと奔走した母ブルマの死によって超サイヤ人として覚醒したトランクスは、破壊を繰り返す人造人間セルに対して戦いを挑む。


完成度がかなり高い、本編25分の大作。この作品のスタッフに実写版映画ドラゴンボールを作って欲しかった……。

【関連】
ドラゴンボール愛に満ち溢れた自主制作実写映画「DragonBall Z - Saiyan Saga」予告編映像
なんという完成度!ファンが自作したドラゴンボールのスカウターが凄い
ドラゴンボールZが実写映画化するならば、製作は彼らにお願いしたい
高まる“気”を立体ホログラム装置で再現!孫悟空のフィギュアがかめはめ波を撃つ直前の演出がすごい

Dragon Ball Z: The Fall of Men [OFFICIAL]













































タグ
完成度高すぎる!未来トランクスのセルとの戦いを描いたドラゴンボールZのショートフィルム
The
Fall
of
Men