状況にあわせて変形しながら役に立つ、MITメディアラボで開発中のヘビ型ロボット LineFORM
MITメディアラボで開発中の「LineFORM」は、状況に応じて変形するヘビ型ロボット。

リストバンドのように巻き付いた状態から、タッチパッドとなって情報を入力、さらには受話器に変形して携帯通話。

PC内の3Dデータと動きを連携させて情報を入出力したり、腕に巻き付いて動きを入出力したりできるほか、電球アタッチメントを装着してスタンドライトにも変形する。

応用範囲がすごく広いし、LineFORM同士を連携させてもっと凄いこともできそう。

【関連】
ヘビの這入る隙間から侵入し、監視カメラとなる偵察ヘビ型ロボット
ヘビってこんな風に木に登るのか!初めて見たけど無駄がなくて凄かった
下から飛び出す棒で物体を操作。MITメディアラボが開発したデバイス Kinetic Blocks
ちょっとマグニートー気分?鉄球を空中で自由に固定・移動させられる、MITメディアラボの装置 ZeroN


LineFORM












































タグ
状況にあわせて変形しながら役に立つ、MITメディアラボで開発中のヘビ型ロボット
LineFORM