遠くに置くほどデカくなる!カーネギーメロン大学の学生が作ったゲーム用の技術デモ その2
カーネギーメロン大学の学生チーム、ピロウキャッスル・ゲームズが開発した、一人称視点のパズルゲーム用技術のテクニカルデモ映像。

掴んだ物を近くに置くと小さく、遠くに置くと巨大なサイズに。遠近感に合ったサイズに、その物の大きさが変わってしまう仕組みを利用して、小さなものを適度な大きさの足場に変えたり、邪魔な物を小さくしてしまったり。

Portalもそうだけど、こういうのって頭を使うから子供にも良さそう。

【関連】
遠くに置くほどデカくなる!カーネギーメロン大学の学生が作ったゲーム用の技術デモが面白い
遠近を利用したり角度を変えたり、ちょっとした工夫で面白くしてみた写真その3 30枚
コレは遠くてアレは近い、遠近感が騙される映像
一体何がどうなっているのか理解に苦しむ不思議写真その19 写真15枚

New Gameplay from Pillow Castle's First Person Puzzler Tech Demo: Museum of Simulation Technology



































タグ
遠くに置くほどデカくなる!カーネギーメロン大学の学生が作ったゲーム用の技術デモ
その2