1204℃に熱した直後でも素手で持てる!スペースシャトルに使われたNASAの耐熱タイルが凄すぎる
大きなオーブンで1204℃という超高温に熱した直後、まだ真っ赤な状態でも角を持てば素手で触っても大丈夫。

NASAがスペースシャトルに使用していた耐熱タイルの性能を紹介したデモンストレーション映像が凄すぎる。

ギズモードによるとこの素材「LI-900」はスポンジ状の高純度石英で、体積の94%は空気、質量の99.9%はシリカガラス。だから驚くほどに熱伝導しないんだとか。

ただし熱に強い分、強度は低く、スペースシャトルのドアや窓周辺には適さない素材なんだそうな。

【関連】
1204℃に煌々と熱しても素手で持てる、NASAが使っていた魔法の耐熱タイル(動画) : ギズモード・ジャパン
紙粘土のようにプラスチックをこねて成形できる素敵素材、プラスティメイクが便利で凄い
電気を流すとグニャリと曲がる素材、Shape Shiftが応用範囲広そう
強い衝撃で瞬時に硬化する知的衝撃吸収素材 d3o


Space Shuttle Thermal Tile Demonstration


































タグ
1204℃に熱した直後でも素手で持てる!スペースシャトルに使われたNASAの耐熱タイルが凄すぎる