これは賢い!ジェルで満たした水槽の中に成形する、新発想の3Dプリンタ
熱した素材を積み重ねていく一般的な方法の3Dプリンタは、作るものの形状によっては支えとなるパーツも一緒に作らなければならない。

しかし、アクリル酸系ポリマーのジェルで満たした水槽の中に物体を成形していくこの方法ならば、支えがなくても倒れることなく、細かい形状のものを出力できる。

主に、臓器などの生物学的構造を出力することを考えて開発されているものなんだそうな。

臓器移植が必要になったら、自分の体細胞を培養して3Dプリンタで必要な部分だけ出力して移植、なんて未来がやってくるんだね。

【関連】
映画「ターミネーター2」の液体金属を参考にした3Dプリンタが凄い!従来数時間かかる印刷を数分で
3Dプリンタを活用して月面基地を作るという構想
一円玉にほぼ収まるサイズ。3Dプリンタで作った世界最小の電動ドリルが素晴らしい
これは欲しい!3Dプリンタでパーツを印刷。手作りで組み立て&塗装した巨大歩行兵器のオモチャが格好いい


3D-printing needle creates intricate objects in soft gels

















タグ
これは賢い!ジェルで満たした水槽の中に成形する、新発想の3Dプリンタ