なるほどこうなってたのか!ノック式ボールペンのペン先が出たり入ったりする仕組み
身の回りに沢山あって、日常的に使用しているけれど、中の仕組みがどうなっているのかは意外と知らないノック式のボールペン。

1回ノックするとペン先が現れて、もう1回ノックするとペン先が収納される。その構造はこんな風になっていたみたい。

内部構造の説明は0:50以降から。よく考えたもんだね。

【関連】
CG映像で見るAK-47自動小銃の仕組み
ちょっと不思議で面白い、工学的、数学的な“仕組み”たち
赤色光の中では狩りができない!謎だったハエトリグモの目の仕組みが解明される
ゲル状の物をそのまま移動させる古川機工の「すくいあげ移載機」が凄過ぎる


How a Retractable Ballpoint Pen Works























タグ
なるほどこうなってたのか!ノック式ボールペンのペン先が出たり入ったりする仕組み