12の犬種の100年前と現在の姿を並べた、犬の変化がよく分かる比較写真23枚
ドーベルマンやダックスフント、シェパードやパグなど、12種類の犬種の1915年に撮影された写真と、2015年現在撮影された写真とを比較。

あまり姿の変わらない犬種もいれば、体型が大きく変化している犬種も。

個体差はあるだろうけど、全体的に現代の犬のほうが太ってる気がするのは栄養状態が違うからかな。

【関連】
生後2ヶ月から3歳まで、ローデシアン・リッジバック犬のソフィアちゃんがみるみる成長する様子を23秒で見た早回し映像
右耳の長さ34.3センチ!世界一耳の長い犬、ハーバー
闘牛の牛に襲われた男を守るため巨大な牛と戦った1匹のブル・テリア犬
猫マジ怖ぇ!あまりの怖さに絶叫しつつ逃げ去るスタッフォードシャー・ブル・テリア犬のアレスくん


1. ドーベルマン



2. サルーキ 





3. ダックスフント





4. ブルテリア





5. ジャーマン・シェパード





6. パグ





7. ビアデッド・コリー





8. セント・バーナード





9. バセット・ハウンド





10. ボクサー





11. ホワイトテリア





12. イングリッシュ・ブルドッグ








タグ
12の犬種の100年前と現在の姿を並べた、犬の変化がよく分かる比較写真23枚