インカの伝統技術を使い、アプリマク川に毎年架けられる荒縄の吊橋 Q'eswachaka
ペルー、アプリマク川周辺に暮らす村人たちが、インカの伝統技術を使って架ける、荒縄で作った吊橋、Q'eswachaka。

村人総出で細い縄をどんどん編み込んで太くしていき、古い端のあった場所まで運び、綱引きのようにピンと張って岩に固定。

毎年新しい橋を、3日間かけて架けるんだとか。

【関連】
「高い怖い!」犬だって吊り橋に腰が引けちゃうのはしょうがない
高い!長い!ロシアにある世界一長い歩行者用吊り橋 ソチスカイブリッジ
高くてボロくてよく揺れる恐ろしいつり橋
半ば水没した浮き橋を車で渡る、ロシアの日常風景がおそロシア

The Bridge at Q’eswachaka
















































タグ
インカの伝統技術を使い、アプリマク川に毎年架けられる荒縄の吊橋
Q'eswachaka