凄すぎて意味がわからない!チェスの最年少王者、マグヌス・カールセンとマネージャーによる早指しチェス対局
2013年に22歳でチェスの世界王者となり、最年少王者のタイ記録を持つノルウェー出身のグランドマスター、マグヌス・カールセンが、彼のマネージャーのエスペン・アグデスタインと早指ししたチェス対局の映像。

左がマネージャー、右がカールセン。マネージャーの持ち時間は3分で、カールセンの持ち時間はわずか30秒。それなのに、ほぼノータイムで指し続けているのが凄い。

最後はカールセンの持ち時間がなくなるまで粘ったマネージャーの勝利かな?

【関連】
グランドマスター同士が高速で指し合うスピードチェス
マジシャン、デレン・ブラウンによる9人のチェスの強豪たちと対等に戦う方法
知恵と力が試されるチェスボクシング
足でノミを操る木彫り職人の、思わず見惚れるチェスの駒作り


Blitz Chess: Magnus Carlsen vs. Manager Espen Agdestein





























タグ
凄すぎて意味がわからない!チェスの最年少王者、マグヌス・カールセンとマネージャーによる早指しチェス対局