左手のない8歳の少女イザベラちゃんが、3Dプリンタで作った義手を初めて装着した瞬間
ドリュー・マレーとスティーブン・デイビスの2人によるボランティアチーム、「Team UnLimbited」の活動は、腕のない子供たちに3Dプリンタで出力したパーツを組み合わせた新しい義手をプレゼントすること。

彼らから新しい義手をプレゼントされたイザベラちゃんが、初めて義手を装着した時の様子がこちらの映像。

いつでもこんな笑顔が見られるんだったら、ボランティアやめられなくなっちゃうよね。

【関連】
3Dプリンタが叶えた夢。関節拘縮症を患う少女、エマちゃんを救った外骨格補助器具
先天的に右手の指がない3歳の少年、アイアンマンのような義手を装備して大喜び
生まれつき左手がない52歳の男性、3Dプリンタで超安価なワイヤー式義手を手に入れる
人間の体を補強する、高性能義肢を提供するSarif IndustriesのCM映像


Isabella July 2015
































タグ
左手のない8歳の少女イザベラちゃんが、3Dプリンタで作った義手を初めて装着した瞬間