まるで映画。厳戒警備のエル・アルティプラーノ刑務所から脱獄した麻薬王エル・チャポの、1.5キロに及ぶ地下トンネル
メキシコ最大級の麻薬組織「シナロア・カルテル」の最高幹部で、エル・チャポと呼ばれる麻薬王、ホアキン・グスマン。

2001年に脱獄に成功している彼は、厳重に警備されたエル・アルティプラーノ刑務所に収監されていたが、7月11日にふたたび脱獄。

シャワー室に残されていた穴を確認すると、長さ1.5キロに及ぶ地下トンネルが掘られていたんだそうな。

まるで映画やアニメの世界の話。限界警備って言っても、こんなありきたりな方法で脱獄できちゃうなんて。

【関連】
メキシコの「麻薬王」が2度目の脱獄、独房からトンネル1.5キロ 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
【画像】麻薬王、パブロ・エスコバルの死と共に廃墟となった島 写真32枚
メキシコの麻薬カルテル構成員、ブロリー・バンデラスさんのFacebookがオープンすぎる
車内に100キロを超えるマリファナが隠された密輸カー


"El Chapo" Guzman's escape and his amazing 4,591-foot tunnel



Inside El Chapo’s Escape Tunnel









































タグ
まるで映画。厳戒警備のエル・アルティプラーノ刑務所から脱獄した麻薬王エル・チャポの、1.5キロに及ぶ地下トンネル