11年かけて42キロを探査。NASAの火星探査ローバー「オポチュニティ」の軌跡を8分で見た映像
アメリカ航空宇宙局が2004年に火星へと送り込み、今現在も働き続けている火星探査車「オポチュニティ」の、11年間の軌跡を8分にまとめた映像。

左がオポチュニティの正面カメラから見た映像で、右が現在地と移動ルート。

太陽光発電で得られるエネルギーをやりくりし、転ばないようにちょっとずつ進むから歩みは遅いけれど、これだけ長い年月を探査し続けられるって凄いことだよね。

オポチュニティは「探査車による地球外の走行距離記録」を現在も更新中なんだとか。

【関連】
火星探査車の9ヶ月間にわたる調査を1分間にまとめて見た早回し映像
無限軌道が進化!全方向に移動可能なクローラー Omni-Crawler
90度回転して茶柱のように海にそびえ立つ海洋調査船 FLIP
小惑星探査機「はやぶさ」関連技術も使ったソーラーバイク 風神


11+ Years of Mars Roving in 8 Minutes | Time-Lapse





タグ
11年かけて42キロを探査。NASAの火星探査ローバー「オポチュニティ」の軌跡を8分で見た映像