「目を覗きこむべからず」と注意書きされた、悲鳴の絶えない胸像展示
透明なケースの中に入った状態で展示された男性の彫像の下には、「目を覗きこむべからず」という注意書き。

その警告を無視し、像の目を覗きこもうとした人々は、盛大な悲鳴をあげながら驚いてしまう、そんな一風変わったアート展示。

ノルウェーの芸術家、Erik Piroltによる作品。

【関連】
前衛的なモダンアートに扮して美術展に紛れ込むという実験的アート
チェーンソーもミシンもぜんぶ陶器!手作り感溢れるKatharine Morlingのアート作品
【画像】隙間なくミッチリ埋める詰め込む、マイケル・ヨハンソンのアート作品 写真20枚
【画像】髪の毛や糸で作った小さな建築物。岩崎貴宏の微細アート 写真11枚


WARNING: DO NOT LOOK INTO THE EYES!

















タグ
「目を覗きこむべからず」と注意書きされた、悲鳴の絶えない胸像展示