落書きピカチュウを華麗に修正!失敗してしまったタトゥーをそのまま有効利用するという発想が素晴らしい
アメリカ、マサチューセッツ州で店を構えるタトゥーアーティスト、リンジー・ベイカーさんの元へやってきたのは、タトゥーの修正を求める一人の男性。

4年前に酔っ払った女の子からピカチュウのタトゥーを彫られたという彼は、落書きレベルのタトゥーを修正してほしいのだという。

依頼を受けたリンジーさんは、元絵のピカチュウはほぼそのままに、2時間かけてタトゥーを修正。

このアイデアならは、他の似たような失敗タトゥーにも応用できそう。

【関連】
【画像】理想と現実違いすぎ。顔写真を元に彫ってもらった、ちょっと酷いタトゥー14枚
【画像】理想と現実違いすぎ。顔写真を元に彫ってもらった、ちょっと酷いタトゥー10枚
どうせ彫るなら面白く!一発芸できちゃうタイプの、工夫を凝らしたタトゥー写真29枚
ゾンビボーイと呼ばれる全身タトゥーの男、リック・ジュネを素肌メイクでタトゥー前に戻してみた


1.



2.



3.



4.






タグ
落書きピカチュウを華麗に修正!失敗してしまったタトゥーをそのまま有効利用するという発想が素晴らしい