働き蜂が羽化するまで。2,500枚の写真を繋げた微速度撮影映像
最初は透明な棒のようにしか見えなかったミツバチの卵が、幼虫となり、蜂蜜や花粉を食べて成長していく様子を2,500枚の写真から観察した微速度撮影映像。

ワーカーゼリーをぐるぐる食べる様子とか、顔がどんどん出来ていく様子なんかが面白い。

あと、0:25からの映像に映ってる、蛹の周りをグルグル動いてる虫が気になる。何をしている存在なんだろ。

【関連】
意外と見たことがない「幼虫がサナギになる瞬間」が凄い
卵、幼虫、蛹から成虫へ。オオカバマダラの一生を追った映像
世界で最も希少な昆虫、ロードハウナナフシが孵化する瞬間
生後9ヶ月の赤ちゃんを4時間観察してみた微速度撮影映像

【希望のミツバチ】働きバチの誕生(1:03)





















タグ
働き蜂が羽化するまで。2,500枚の写真を繋げた微速度撮影映像