錆びついて折れた斧の柄をアルミニウム製に作り変える、Jimmy DiRestaの職人技
刃の部分はサビつき、柄の部分が折れてしまった斧を新たに生まれ変わらせる、Jimmy DiRestaによる職人技。

アルミの角材をだいたいの形に削って形を整えるのに、いつも通りバンドソーが大活躍。

木と皮で鞘を作るのが面白い。

【関連】
ハチェットの柄を木製からアルミニウム製に作り変える、Jimmy DiRestaの職人技
折れた斧の持ち手を直す、Jimmy DiRestaの職人技
古びた“たがね”が美しく生まれ変わる、Jimmy DiRestaの職人技
錆びついた古いハチェットを新品同様にリサイクルする、Jimmy DiRestaの職人技


? DiResta Aluminum Axe












































タグ
錆びついて折れた斧の柄をアルミニウム製に作り変える、Jimmy
DiRestaの職人技