衝突からわずか0.1秒でエアバッグ展開!自転車乗りのために作られたウェアラブルエアバッグ
ヘルメットのように窮屈ではなく、しかしいざという時にはヘルメットのように頭部を保護してくれる、クビに装着するタイプのウェアラブルエアバッグ。

スウェーデンのHovding社が開発したもので、衝撃を受けてからエアバッグが展開するまでの速さはわずか0.1秒。

もちろん衝撃吸収性能も高く、ダメージをカバーする範囲は一般的なのヘルメットよりも広い。

性能やコンセプトはすごくいいけど、microUSBで充電する必要があるのと、持続時間が18時間というのがネックになりそう。いざという時にバッテリー切れで動作しないとか目も当てられないよね。

【関連】
バイク転倒時に作動するエアバッグ内蔵ライダースーツ
雪崩に遭っても埋もれず浮かぶ、もしもの時にスキー&スノボ用エアバッグ
真後ろも見えて死角なし。後部カメラにナビ、スマホ連携機能も付いた高性能フルフェイスヘルメット SKULLY AR-1
スマートフォンの落下を検知してエアバッグを展開!ホンダ技術者の熱い開発裏話を紹介したジョークCM


1.



2.




Hi-tech collar deploys airbag over stuntman's head in 0.1 secs during a crash



















source:Stuff





タグ
衝突からわずか0.1秒でエアバッグ展開!自転車乗りのために作られたウェアラブルエアバッグ