己の100倍以上の重さの物を運べる力持ちロボットをスタンフォード大学のエンジニアが開発
自分の体重の10倍の荷物を運ぶだけでも人間には難しい物があるけれど、このロボットたちは自重の100倍以上の重さの物を運ぶことが出来る。

わずか9グラムのロボットは1キロ以上の荷物を運び、12グラムのロボットに至っては2,000倍も重い物を運ぶこともできるんだとか。

重い物を運べる秘密は、荷物を引っぱる時だけ床や壁との接地面にイモリのようにピッタリ貼り付くこと。

将来的には、重いものを運ぶ工場や建設現場のロボットに応用していきたいとのこと。

【関連】
重さ80ミリグラム、翼長3センチの虫ロボット、RoboBeeのテスト飛行
スイス連邦工科大学ローザンヌ校で開発中の、未来の世界のネコ型ロボット cheetah-cub robot
角でバランスを取る、チューリッヒ工科大学が開発した不思議な立方体ロボット The Cubli
一見ただの小さな箱、なのに自立して動くし跳ねるし回転する小型ロボット M-Blocks

Super-strong robot pulls heavy loads









タグ
己の100倍以上の重さの物を運べる力持ちロボットをスタンフォード大学のエンジニアが開発