ブラジル、リオのビーチで置き引き犯の撮影に成功。さらにその手口をインタビュー
ブラジル、リオデジャネイロのビーチでサングラスやポーチに隠しカメラを設置。さらに周囲にカメラマンを配置して、ポーチをビーチチェアの下に置いて待つことしばらく。

「ちょっと泳ぎたいから2分だけ服を見ててくれ」という不審な男に気を取られている隙に、共犯者がポーチを盗難。

戻ってきた男に話を聞くと、彼らはこうして1日に4,500~6,000ドルあまりを稼ぎだしているんだとか。

さらに、盗んだバッグから財布や携帯電話を盗った後、砂に埋めて証拠隠滅する手口も紹介。

ビーチとはいえ、観光地では貴重品を肌身離さず持っておくべきなんだね。

【関連】
わずか10秒でテレビを盗み去る!コスタリカのおばちゃんの窃盗の手口が凄い
空き缶3個と紐1本で車を盗む方法
自転車をチェーンでつないでいても盗まれる、こんな場合に要注意
スーツケースのファスナー2個に南京錠をつけるのは防犯上ほぼ無意味

How To Avoid Losing Your Bag in Rio

































タグ
ブラジル、リオのビーチで置き引き犯の撮影に成功。さらにその手口をインタビュー