チンパンジーの撮影にマルチコプターを使うべきでない理由
飼育員以外は容易に立ち入れない動物園の飼育エリア内も、マルチコプターならば手軽に、自由なアングルで撮影できる。

というわけで、オランダ、アーネムのバーガーズ動物園でもマルチコプターを使って自由な撮影をしていたものの、突然現れた空飛ぶ異物にチンパンジーの興味は惹かれてしまうわけで。

チンパンジーにとっては食べられるか、食べられないかが重要だったのかな。

【関連】
マルチコプターでのライオン撮影はいいアイデアだけど、操縦ミスにはご用心
マルチコプターで安全圏からのカンガルー親子の空撮は油断大敵
カメラはとらえた!マルチコプターを撃墜した鷹の奇襲攻撃
牧羊犬ならぬ牧羊マルチコプター!?この発想はなかなか素敵


Chimpansees halen drone naar beneden en filmen elkaar!


























タグ
チンパンジーの撮影にマルチコプターを使うべきでない理由