“音で消火する携帯可能な装置”を開発!ジョージ・メイソン大学の学生2名によるデモンストレーション映像
アメリカ、バージニア州のジョージ・メイソン大学工学部に所属するベト・トランとセス・ロバートソンが開発した、低周波数の音波を使って火を消す事ができる装置のデモンストレーション映像。

以前紹介したDARPAの装置よりも小型で、効果も高い様子。もう少し大きくなってもいいから効果を高めることができれば、現場投入もかなり現実的になるんじゃないだろうか。

放水と違ってホースを繋げる必要も水場を探す必要もないし、電気系統の火事に使えるのも消化後に水浸しにならないのも大きな利点。

【関連】
音で炎をかき消す実験に成功。DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)による実験映像
音で火を消すDARPA(米国防総省国防高等研究計画局)の技術がさらに進歩!これはマジで使える技術になるかも
燃えると爆発して周囲の炎を一瞬でかき消す、消火器グレネードが凄い
これは大変だわ……。オーストラリアの消防士から見た消火活動

Pump Up the Bass to Douse a Blaze: Mason Students' Invention Fights Fires

































タグ
“音で消火する携帯可能な装置”を開発!ジョージ・メイソン大学の学生2名によるデモンストレーション映像