これは悲しい。エサをキャッチする才能が致命的に無さすぎるゴールデン・レトリーバー犬、フリッツくん
投げられたエサを口でキャッチする能力は、犬であればだいたい備わっているものだというのは大きな間違いだったみたい。

フリッツくんはエサのキャッチがどうしようもないほど苦手な様子で、お肉もタコスもドーナツも、ほとんど見当違いの場所に食らいついてしまう。

これでも良くなってきている方なんだとか。

【関連】
エサのキャッチが下手すぎる犬、ラッキーちゃんをスローモーションで見てみた
エサを上手にキャッチするゴールデンレトリーバーと、そもそもキャッチする気がないゴールデンレトリーバー
回転しながらエサを貪る6匹の犬
わずか1秒でタコベルのブリトーを食べる犬

Fritz the Golden Is Terrible at Catching Food




































タグ
これは悲しい。エサをキャッチする才能が致命的に無さすぎるゴールデン・レトリーバー犬、フリッツくん