足漕ぎなのに時速160キロも夢じゃない!人力を電力に変換して走る三輪車「Raht Racer」が凄い
足でペダルを漕ぐ人力の三輪車なのに、バッテリーを併用したパワーで高速走行が可能な「RAHT RACER」が凄い。

番組内で全力でペダルを漕いでみると、時速70マイル(時速112キロ)を達成。ペダルを回さず、バッテリーの電力でバイクのように走れるスロットルモードもあり、製品版では時速100マイル(時速160キロ)での走行が可能になるんだとか。

自転車を漕ぐ感覚で30~40キロ出せるんだったら、ご近所のお出かけで充分活用できる範囲だよね。

いい運動にもなるし、スマホと連動したフィットネスモードもあるそうだし、これはなかなか凄い。

【関連】
時速80キロで走れる、二輪駆動の電動自転車が凄い
街乗り、山道、両方オッケー!自転車とのハイブリッド電動バイク Greyp G12
世界一コンパクトな折りたたみ式の電動スクーター「URB-E」
これ欲しいかも!世界一小さい折りたたみ式の電動キックボード Trikelet


The Raht Racer Might Revolutionize Daily Commutes



































タグ
足漕ぎなのに時速160キロも夢じゃない!人力を電力に変換して走る三輪車「Raht
Racer」が凄い