「火山の溶岩でマシュマロを焼いて食べつつビールを飲む」という壮大な夢を叶えた男
「オレ、いつか溶岩煮えたぎる火口でマシュマロ焼いて食べながらビール飲むんだ!」なんていう男がいたら、バカバカしいと思いつつもちょっと応援したくなってしまうもの。

彼、サイモン・ターナーは実際にその夢を実現した男。バヌアツ、アンブリム島のアンブリム火山にて、長い棒の先につけたマシュマロを火口に晒し、ビールを飲みつつマシュマロが焼けるのを待つ。

こういう夢を大まじめに叶えられる人って凄い。

【関連】
溶岩が荒れ狂うアンブリム火山の火口、30メートル付近まで近づく調査員が凄すぎる
青い炎が美しく燃える、ジャワ島のイジェン山が完全にファンタジー
燃え盛るクレーターの上をロープで横断……。科学者って大変すぎる
もしも溶岩を靴で踏んだらどうなる?実際に試してみた


Daredevil Roasts Marshmallows Over A Volcano























タグ
「火山の溶岩でマシュマロを焼いて食べつつビールを飲む」という壮大な夢を叶えた男