フランス西部で発見、約半世紀も放置され続け、朽ち果てた60台の自動車コレクション
フランスのオークションハウス、アールキュリアルの自動車部門がフランス西部で発見した、60台の自動車コレクション。

黎明期から1970年代にかけての自動車が収集されていたものの、そのほとんどは野ざらし状態。そうでなくても粗末なトタン製の小屋に置かれたまま、約半世紀もの間放置されていたため、ほとんどはサビつき風化してボロボロに。

勿体ないなぁと思いながらも、この朽ち果てた状態もなかなか素敵。

【関連】
廃車寸前でもちゃんと動く!40年物のランドクルーザー
車は最低限これだけあれば普通に走れちゃうものらしい
なんということでしょう!イスラエルの匠の手で廃バスが快適な居住空間に!
【画像】幼い息子のためにパパが作った、本物の車を改造した走る小型乗用車 写真25枚


60 Automobiles de la Collection Baillon












































タグ
フランス西部で発見、約半世紀も放置され続け、朽ち果てた60台の自動車コレクション