映画「シャイニング」でジャック・ニコルソンが扉を斧でぶち破る名シーンの撮影舞台裏
スティーブン・キング原作、スタンリー・キューブリック監督のホラー映画「シャイニング」。

同作の中で最も有名な名シーンといえば、ジャック・ニコルソン演じるジャック・トランスが、妻ウェンディと息子ダニーが逃げ込んだバスルームの扉を斧で叩き壊すシーン。

あのシーンの撮影前、興奮したジャック・トランスを演じるために気持ちを高ぶらせるジャック・ニコルソンが見られる撮影舞台裏映像。

ジャック・ニコルソンのイカれた演技力はさすがだけど、奥さんの怖がりっぷりもさすが。奥さんが包丁持ってウロウロしてるだけでも怖いし。

【関連】
あの立派なホテルもハリボテ!映画「シャイニング」の舞台裏写真18枚
映画シャイニングの撮影風景をイメージしたキューブリック特集のCM
夜のIKEAは怖いから、映画「シャイニング」をイメージしてみたCM映像
映画「シャイニング」の1シーンをロボットで再現してみた


Jack Nicholson preppin' for The Shining
































タグ
映画「シャイニング」でジャック・ニコルソンが扉を斧でぶち破る名シーンの撮影舞台裏