こんな形をしていたなんて!パッと見の想像とあまりにも違う、折れたハシゴの立体錯視
明治大学特任教授の杉原厚吉さんが作った、折れたハシゴの立体錯視。

最初に見た印象から想像できるのは、脚立がいくつか組み合わさったような形。しかし、赤い棒を何度か差し込んでみると、どうも普通の形ではない様子で……。


2個目の動画は2010年の世界錯覚 コンテストで優勝した杉原さんの作品「何でも吸引四方向滑り台」。

【関連】
これは驚愕の新事実!猫にも錯視画像は効果的だと判明
大きさを誤認識させられる「エイムズの部屋」の錯視が凄すぎる
錯視をてんこ盛り詰め込んだOK GoのPV The Writing's On the Wall
これは騙された!錯視を用いた不思議な椅子 The Hidden Chairs


Nautilus Magazine Exclusive - Kokichi Sugihara's Folding Ladder



Impossible motion: magnet-like slopes





タグ
こんな形をしていたなんて!パッと見の想像とあまりにも違う、折れたハシゴの立体錯視