ピグミーマーモセットをナデナデするには柔らか歯ブラシが丁度いいらしい
1998年まで「世界最小のサル」だった小型のサル、ピグミーマーモセットのニニータちゃんは、育児放棄されたところを人間に発見・保護され、育てられた子。

希少種を保護する財団にて飼育されているニニータちゃんは、毛の柔らかい歯ブラシで撫でられるのも、歯ブラシにじゃれついて遊ぶのも大好き。

ドキュメンタリー映画の撮影で入っているカメラマンさんも、人懐こいニニータちゃんのあまりの可愛さに表情が蕩けすぎ。

【関連】
南国風のカクテルに刺さってるあのミニ傘は、スローロリスに丁度いいサイズ
ゆっくりもしゃもしゃ、バナナを食すスローロリスのきなこちゃん
カピバラは乗り物!?リスザルたちとカピバラたちが不思議と仲良しな感じ
バリ島のサルがカメラを強奪、サルの自分撮り映像が撮影される

World Meet NINITA. Our New Baby Pygmy Marmoset!
























タグ
ピグミーマーモセットをナデナデするには柔らか歯ブラシが丁度いいらしい