ペルーで発見、緑色に発光する新種の肉食イモムシ
昆虫学者のアーロン・ポメランツ、写真家のジェフ・クレイマーらがペルーのタンボパタで発見した発光する新種のイモムシ。

生息場所は木の幹や土の中。肉食性で、巣穴に近づいた獲物に襲いかかり、鋭い顎で食らいつく。

結構どアップで紹介されてるから、虫苦手な人は要注意。

【関連】
【画像】新種発見!2012年に新たに発見された、9種のユニークな新種の生き物達
【画像】本物の「セントエルモの火」の撮影に成功!オーストリアのゾンブリック気象台にて
超音波で圧壊した液体中の気泡が発光する現象 ソノルミネッセンス
ブラックライトに反応して光る蛍光タトゥー

Predatory Glow Worms in the Peruvian Amazon


















タグ
ペルーで発見、緑色に発光する新種の肉食イモムシ