サンゴの色に染まって溶け込む、一円玉サイズのタツノオトシゴ、ピグミーシーホース
ピグミーシーホースは西太平洋のサンゴを住処とする、全長2センチの小さなタツノオトシゴ。

住処とするサンゴと同じ体色で、サンゴの中に体を溶け込ませる擬態能力で身を守る。

この体色は後天的に変わっていくもののようで、黄色いピグミーシーホースを飼育し、生まれた赤ちゃんを紫色のサンゴに住まわせたところ、体色は紫色に変わったんだとか。

【関連】
擬態のプロ、コウイカは人間のリビングルームでも身を隠せるのか?実験してみた
サンゴの盆栽を小分けに育成、フィジー島でのサンゴ再生プロジェクト
南シナ海に浮ぶ永遠の楽園、エルニドの海の中を撮影したスキューバダイビング映像
【画像】海の宝石。美しくも多様なウミウシたちの写真27枚


Pygmy Seahorses: Masters of Camouflage | Deep Look























タグ
サンゴの色に染まって溶け込む、一円玉サイズのタツノオトシゴ、ピグミーシーホース