ゆっくり迫る水の壁が大迫力。1,000fpsで撮影したサーファーたちのスローモーション映像が美しい
1秒間に1,000フレームの設定で撮影した、サーファーたちのスローモーション映像。

ゆっくり形を変えていきながら、巨大な壁となって立ち上がり、サーファーを飲み込んでいく巨大な波。

こんな大波に乗るのは怖いだろうけど、それ以上に楽しそうでもあるよね。波のトンネルとか憧れる。

【関連】
フィジーで行われたサーフィン大会「2013 ボルコム・フィジー・プロ」最終日のハイライト映像
波乗りアザラシがサーフィンに乱入!困惑しつつサーファーも笑顔に
盲目のサーファー、デレク・ラベロが乗ったバンザイ・パイプラインの大波
転んだら色々アウト。ボートを無人運転させてウェイクサーフィンする男

SURFING @ 1000 FRAMES PER SECOND

































タグ
ゆっくり迫る水の壁が大迫力。1,000fpsで撮影したサーファーたちのスローモーション映像が美しい