なんて渋すぎるアイテムなんだ!白金の触媒効果で着火する、アンティークなプラチナ触媒式ライター
プラチナ触媒式ライターというのは、「白金触媒式カイロ」と同じく、プラチナの触媒効果を利用して着火する形式のライター。

気化したメタノールで満たされた筒の中に、プラチナのついたパーツを差し込むだけで火が付き、息を吹きかければすぐに消すことができる。

タバコは吸わないしライターなんて誕生日かキャンプか花火かバーベキューくらいでしか使わないけど、こんな格好いいライターは欲しくなってしまうよね。

後半登場しているのが白金触媒式カイロ。こっちも綺麗で格好いい。

【関連】
1909年に作られた遺物、ブラックストーン・オイルエンジンを動かしてみた
120年前の天才が作ったぜんまい仕掛け。小鳥の鳴き声を完全再現した1890年製作の機械
100円ライターを改造した、レーザー着火装置
ライターをミキサーで粉砕、爆発炎上する様子をスローモーションで


Catalytic cigarette lighter





























タグ
なんて渋すぎるアイテムなんだ!白金の触媒効果で着火する、アンティークなプラチナ触媒式ライター