空中にプラズマで絵を描く技術が登場!スクリーンも不要で日中でも野外でも表示OK
プラズマ発光という現象を利用してバートン社(Burton Inc.)が開発した、空中に映像を映し出すことができる、空中3Dディスプレイ技術。

映し出す場所にスクリーンは必要なく、日中野外の明るい場所でも表示可能。

映像越しだとどんな表示になるのか分かりづらいから、実際に動いている様子を肉眼で見てみたいね。

【関連】
おぼろげな幽霊を簡単手軽に作りだす、メッシュ生地を使ったプロジェクター映像
1円玉よりホントに薄い!ジャパンディスプレイの超薄型ディスプレイ イノベーションビークル
スカウターみたいなヘッドマウントディスプレイがオシャレになったドコモのAR Walker
これは新感覚!スクリーンそのものがグリグリ動く、ライブ・プロジェクションマッピング Box


スクリーンレス空中3Dディスプレイ





タグ
空中にプラズマで絵を描く技術が登場!スクリーンも不要で日中でも野外でも表示OK