スイスの高級時計メーカー、パテック・フィリップの史上最も複雑な175周年記念時計「5175R」の製作工程が凄い
パテック・フィリップは世界三大高級時計メーカーの一つとも言われる、1839年創業の高級時計メーカー。

その創業175周年を記念して、パテック・フィリップ史上最も複雑で高度な設計のもと作られたのがこのパテックフィリップ・グランドマスター・チャイム 5175モデル。

時刻表示とチャイム機能を重視した表面、カレンダー表示の裏面、両面に文字盤を備えていて、開発から製造、組み立てまでに述べ10万時間を費やして作られたものなんだとか。

その製造工程を撮影した映像がとにかく凄い。10分以上ある映像なのに、じっくり見入ってしまった。

お値段は250万ドルだそうで、それも凄い。

【関連】
時計職人の組み立て工程。ドイツの時計メーカー、ノモス・グラスヒュッテの工場内を撮影した映像
一糸乱れぬアナログ時計135個。ロンドン、ハームヤードホテルの壁時計がオシャレ
毎朝5時にやってくる猫が、目覚まし時計替わりにビョンビョンうるさい
【画像】何が何でも起きたいアナタへ、変わり種アイデア目覚まし時計15種


Patek Philippe 5175R Grandmaster Chime Watch


















































source:hodinkee





タグ
スイスの高級時計メーカー、パテック・フィリップの史上最も複雑な175周年記念時計「5175R」の製作工程が凄い