鍛冶職人ジョン・ニーマンによる、ダマスカスナイフができるまで
木工用のナイフや斧、キッチンツールなどを製作する工房「ジョン・ニーマン・ツールズ(John Neeman Tools)」の鍛冶職人、ジョン・ニーマンによる、ダマスカス鋼のナイフ作りの工程を撮影した映像。

3種類5枚の鋼を重ねあわせて熱し、叩いて折りたたんで捻ってという工程を何度も何度も繰り返す。

刃を作る部分はもちろんだけど、持ち手を作る工程も素敵だし、なにより皮のナイフケースが素晴らしい出来。

ここまで立派な物じゃないにしても、鍛冶仕事ってやってみたくなるよね。憧れるよね。

【関連】
焼き叩き鍛えて磨く、鍛冶職人ジョン・ニーマンによる斧作り
刀鍛冶に憧れて。日本の鍛冶師に弟子入りし、17代目を継承したカナダ人鍛冶職人、マレー・カーター
鉄を繰り返し叩いて折る、越後鍛冶職人、日野浦司の鍛地造り
線路を固定する犬釘を加工、鍛えてナイフを作り上げる鍛冶工程


The Birth Of A Tool. Part III. Damascus steel knife making (by John Neeman Tools) on Vimeo



































タグ
鍛冶職人ジョン・ニーマンによる、ダマスカスナイフができるまで