津波の被害から人命を守る、米サバイバル・カプセル社が作った球形救命ポッド
東北地方の太平洋沿岸部を中心に、地震と津波によって壊滅的な被害を受けた東日本大震災。あの悲劇を受け、アメリカのサバイバル・カプセル社が開発したのが、津波から人々の命を守るための救命ポッド。

普段は建物の屋上等に設置しておき、大地震が発生したら救命ポッド内部で身体を固定。航空機のエンジニアが設計したポッドは2人乗りから10人乗りまでの5種類のサイズを用意。

津波のほか、地面に埋めてハリケーン用の避難場所としても使えるとのこと。GPS装置も付いているそうだから、土砂崩れ対策にも使えるだろうか。

【関連】
【画像】いざという時のために!ノコギリを内蔵したチタニウム製指輪 Titanium Escape Ring
いざという時のため武器を内蔵。中二病的な意味でこんな本棚が欲しかった!
自分以外が緊急脱出!?ボートにひとり取り残されちゃう寝起きドッキリ
非常事態に自動でブレーキ。ボルボ・トラックの緊急警報・自動停止装置

US company creates tsunami 'survival capsule'
























タグ
津波の被害から人命を守る、米サバイバル・カプセル社が作った球形救命ポッド