足を「ちょっと引っぱる」ことで負荷を10%軽減する強化外骨格 エアレッグス
アリゾナ州立大学の大学院生、ジェイソン・ケレステスさんが背負っているのは、移動時の負荷を軽減してくれる強化外骨格、エアレッグス。

背中から両膝へとつながったロープが、歩行時、走行時にタイミングよく引っ張られることで、移動時の負荷を10%軽減。

現在はバージョン2で、今後さらなる軽量化、静音化、効率化がなされていく予定。

DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)の支援を受けての開発だそうで、米兵たちの行軍が凄いことになっていきそう。

【関連】
追尾するライフル弾の開発に成功!DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)の極限精度任務兵器「EXACTO」が凄い
内臓丸ごと泡で覆って止血。DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)による緊急時の止血法が凄いけど怖い
浮かぶ履帯で豪快に進む!DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)が開発した水陸両用輸送車 CAAT
音で火を消すDARPA(米国防総省国防高等研究計画局)の技術がさらに進歩!これはマジで使える技術になるかも


AirLegs V2 Soft Exoskeleton Robotic System





タグ
足を「ちょっと引っぱる」ことで負荷を10%軽減する強化外骨格
エアレッグス