キャリーバッグとスケボーが融合!電動スケートボード「ムーブパック」がなかなかいい感じ
リュックとして背負うことができ、キャリーバッグとして引いて歩くこともできる。さらに、収納されていたボードを出せば、電動スケートボードとしての走行が可能なパーソナルモビリティ「ムーブパック(Movpak)」。

2時間で充電が完了し、最高速度は時速24キロ。14.5キロメートルほどの距離を走行可能。内部のバッテリーからスマホの充電までできちゃう。

一般的なキャリーバッグからほとんど逸脱していないデザインなのが凄くイイのに、日本の道路交通法だと微妙な扱いになっちゃうのが残念過ぎる。

【関連】
自転車なみの速度で走れる電動ローラーシューズ RocketSkates
これ欲しいかも!世界一小さい折りたたみ式の電動キックボード Trikelet
軽量でシンプル。ワイヤレス操作できる電動ロングボード ブースト・ボード
街乗り、山道、両方オッケー!自転車とのハイブリッド電動バイク Greyp G12


Movpak Trailer



























Movpak Silicon Valley First Impressions







タグ
キャリーバッグとスケボーが融合!電動スケートボード「ムーブパック」がなかなかいい感じ