背景も人物も合成しまくり。映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のVFX技術を分かりやすく紹介した映像
1980年代から1990年代のウォール街で荒稼ぎした実在の株式ブローカーを描いた、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の中で、VFXで合成された部分を分かりやすく紹介した映像。

背景や建物をより豪華に見せていたり、後から大勢の社員を合成したり、ドアを除いた建物すべてを別の建物に置き換えてしまったり。

映像として動いているパーツ同士を自由に組み合わせられるんだから、もうなんでもアリだよね。

【関連】
豪華絢爛な虚構を作り上げる、映画「華麗なるギャツビー」のVFX比較映像
巨大ロボットができるまで。映画「パシフィック・リム」のVFXメイキングシーン
現実を改変する、BlueBoltのVFXを駆使した海外ドラマ「Game of Thrones」のシーン集
映画の進化を3分間に凝縮!1878年から2014年現在までの、VFXの変化をまとめた映像


The Wolf of Wall Street VFX Highlights






































タグ
背景も人物も合成しまくり。映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のVFX技術を分かりやすく紹介した映像