激痛に挑む男。両手を毒蟻にわざと刺される通過儀礼を体験してみた結果
「刺された時の痛みはあらゆるハチ・アリの中で最大」「刺された時に24時間痛みが続くことから、現地では“Hormiga Veinticuatro”(24時間のアリ)という名を持つ」という、恐るべき毒を持つ蟻「サシハリアリ」に、あえて両手をまんべんなく刺されるブラジルの先住民族の通過儀礼を体験してみたハミッシュさん。

これまで体験したことのない痛みに大きな叫び声を上げ、後悔しても痛みはおさまる事なく続いていく。

Wikipediaのサシハリアリ情報を見てると怖いんだけど、「この儀式を20回、数か月から数年かけて行うことで、通過儀礼が完了する」という一文が一番怖かった。

【関連】
陣痛って実際どのくらい痛いの?を、電気を流して体感してみた男たち
敷き詰めた150個のネズミ捕りを叩いて連鎖的に弾けさせたスローモーション映像
耳をチョンと触られた激痛に悶え苦しむサッカー選手
サボテンは痛いけど、それでも気になる猫たち


The worst pain known to man

























タグ
激痛に挑む男。両手を毒蟻にわざと刺される通過儀礼を体験してみた結果