土石流をじっくり観察するためスイスに作られた土石流観測所。大岩まじりの土砂が怖い。
土砂まじりの水が大量に押し寄せる土石流が発生した時に、土石流がどういう挙動でどこへ向かって広がるのかを予測するためには、過去の被害状況や土石流の性質を詳しく知ることが重要。

スイス連邦森林・雪崩・景観研究所(WSL)が、スイスアルプスで土石流が最も多く発生するヴァレー州に建設した土石流観測所は、土石流を外部からしっかり観察しつつ、内部を超音波センサー、レーダー計測装置、重量計などで観測。

観測用の施設だけあって、土石流のじわじわくる怖さがよく伝わってくるね。こりゃ家とか簡単に押し流されるわ。

【関連】
土石流の計測: 巨大な力をモニタリング|HBM活用事例
土砂と共に車より大きな岩がゴロリ。台湾、基隆市で発生した土砂崩れが恐ろしすぎる
コンディット・ダムの爆破による大規模放流の微速度撮影映像
間一髪!土砂崩れからボートに乗って逃れる瞬間 カナダ ブリティッシュコロンビア州にて

Illgraben 28 juillet 2014, front de lave























タグ
土石流をじっくり観察するためスイスに作られた土石流観測所。大岩まじりの土砂が怖い。