破壊を忠実にシミュレートした、カリフォルニア大学バークレー校の研究が凄い
カリフォルニア大学バークレー校にて研究開発され、SIGGRAPH 2014で発表された、薄いシート上の物体の破壊シミュレーションが凄い。

素材によって異なる破壊伝播を、三角形のメッシュ状にフレームを配置して計算し、動的にシミュレート。銅板も金箔もガラスもゴムシートも、まるで本物のような壊れ方に。

こういう表現ができるようになると、ゲームの世界がまたガラッと変わってきそう。

【関連】
砂一粒や、布、ゴム、ゼリーの質感までもリアルに再現した物理演算エンジン Lagoa Multiphysics 1.0
雪の質感をリアルに再現。ディズニー・スタジオのスノー・シミュレーションが凄い
壊れる快感。車のクラッシュをリアルにシミュレートする物理演算エンジン BeamNG
物理シミュレーションソフトで再現した「ガラスのコップを撃ち抜く弾丸」のスローモーション映像


Adaptive Tearing and Cracking of Thin Sheets, SIGGRAPH 2014


































タグ
破壊を忠実にシミュレートした、カリフォルニア大学バークレー校の研究が凄い、