もしも動物が人類のように進化したら?宮廷画家シャルル・ルブランが描いた空想絵画23枚
17世紀、フランス国王ルイ14世の第一画家、シャルル・ルブランが「もしも動物が人間のように進化したらどうなるのか?」という予想から描いた絵画。

立派な角が生えた動物からは角を無くし、鳥のクチバシは鼻に。

猿があんなに猿っぽいってことは、他の動物たちも生活環境に合わせた収斂進化でどんどん人間に近くなっていくんだろうかね。

【関連】
【画像】14歳の少年が小人になった、空想世界のポートレート写真12枚
【画像】有名俳優をルネサンス絵画風にしたPhotoshopコラージュ作品12枚
【画像】まるで絵画のように愛娘を撮った、ビル・ゲカスによる5歳の少女のポートレート写真12枚
ぐっすり眠る赤ちゃんの夢を空想してみた、Queenie Liaoのアート写真12枚


1. ロバ





2. ブタ





3. 猫



4. オオカミ



5. ヤギ



6. 馬



7. ライオン



8. オオヤマネコ



9. フクロウ



10. オウム



11. イノシシ



12. アライグマ



13. ヒツジ



14. ウサギ



15. クマ



16. ラクダ



17. 牛



18. カラス



19. ワシ



20. 猿

source:io9

Wellcome Images


タグ
もしも動物が人類のように進化したら?宮廷画家シャルル・ルブランが描いた空想絵画23枚