MITが開発中の補助アームで、人類の阿修羅化が捗りそう
マサチューセッツ工科大学のSRLs(Supernumerary Robotic Limbs)にて開発中のロボットアームは、人間の手を補助する形で動作する。

5自由度のアームは重さ約4.5キロで、交換可能、カスタマイズ可能。

「あぁ手が足りないなぁ」って思うことは日常に多いし、何かを持っててくれる、支えててくれるってだけでも補助アームがあると嬉しいよね。

パワードスーツもワクワクするけど、補助アーム技術の方が現実的に期待したい。

【関連】
Here's That Extra Pair of Robot Arms You've Always Wanted - IEEE Spectrum
脳波でロボットアームを操作する四肢麻痺の女性、キャシー・ハッチンソンさん
カメラを装備した工業用ロボットアーム、SPIKEだからこそ表現できた映像の数々
ルンバのiRobot社が作った無限軌道&ロボットアームなロボット iRobot 710 Warrior

MIT Robot on the Shoulder Control





MIT Robot on the Shoulder Demo




















タグ
MITが開発中の補助アームで、人類の阿修羅化が捗りそう