「泥酔した人」を素材として利用。飲み過ぎ注意を訴えた屋外広告「The Sleeping Drunks Billboard」
お酒を飲み過ぎて泥酔し、意識を失って路上で座り込んだり、ぶっ倒れたりするサラリーマンやOL。

日本の繁華街では毎日のように見られる光景だけど、前後不覚に陥るまで飲むのはやめましょうと、西麻布の「八百長Bar」が仕掛けたのが、泥酔した人を利用した屋外広告。

美味しいものを食べて、お酒を飲んで、友達とワイワイ騒ぐのは楽しいけれど、程々で止められるようにしないとね。

【関連】
愛車を任せる駐車係が泥酔してたらイヤですか?
ロシア流。酔っ払った友人を連れて帰るロシア人
【ロシア】泥酔してトイレに向かった友人の様子を見に行ったら、もはや芸術的な体勢で発見
【画像】泥酔して二日酔い……そんな風に見える猫たちの写真20枚

The Sleeping Drunks Billboard.

















タグ
「泥酔した人」を素材として利用。飲み過ぎ注意を訴えた屋外広告「The
Sleeping
Drunks
Billboard」