青い炎が美しく燃える、ジャワ島のイジェン山が完全にファンタジー
インドネシア、ジャワ島の活火山、イジェン山は、青い炎が見られる実に珍しい火山。

溶岩は赤く燃えているけれど、噴き出す硫黄のガスが青く燃えているため、赤と青が入り混じる幻想的な光景が広がる。

夜の写真は特に美しい。

写真はパリの写真家、オリビエ・グリューネバルトさんが撮影したもの。

【関連】
火山の青い炎、ジャワ島のイジェン山 - ナショナルジオグラフィック
溶岩が荒れ狂うアンブリム火山の火口、30メートル付近まで近づく調査員が凄すぎる
まるで神話の世界。何千年も燃え続ける不滅の炎、トルコの燃える岩、ヤナルタシュ山
【画像】日本で一番人口の少ない村がある、ファンタジーのような島、青ヶ島 写真12枚


1.



2.



3.



4.



5.

source:eMORFES



タグ
青い炎が美しく燃える、ジャワ島のイジェン山が完全にファンタジー